本文へスキップ
日々是好日

報永代供養墓についておたすけ観音

趣旨

開山 朝岩存夙大和尚

近年、核家族化や少子高齢化の影響で後継者のいらしゃらない方、従来型の墓地を持つことが困難な方や、お考えにより合祀を希望される方がふえてきました。
 報恩寺永代供養墓は、お観音様をお祀りし、おたすけ観音信者の方、お寺詣り、お墓参りの方など、多くの方々がお参りし、収められた故人を、供養できるようにという願いのもと建立いたしました。



概要

報恩寺永代供養墓は、報恩寺が責任をもって永代供養・管理をする墓地です。
報恩寺の檀信徒であればどなたでも使用できます。
生前に契約することもできます。
戒名を銘石板に刻み側面に掲げます。
毎年の大施餓鬼会法要にてご供養いたします。
使用料金は原則として35万円です。

   
 戒名・俗名・没年月日・行年を刻んだ銘石板を側面の壁の掲げます。
お骨は骨壺のまま三十三回忌まで安置し、以降合祀します。





梵字について

開山 朝岩存夙大和尚

永代供養墓正面の梵字は(サ)聖観音さまの梵字です。
古代のインドで用いられた文字で悉曇文字(しったんもじ)とも呼ばれています。竹のヘラを使って書かれており、独特の美しさがあります。
 また、梵字は単なる文字ではなく、それ自体に力がある霊的な神聖文字であるとも言われています。
 梵字のまわりの二重の円は、聖観音さまの後光をイメージし、真ん中の直線は光背をモチーフとしています。
 永代供養墓正面からお参りすると、ちょうど梵字の円がお観音様の光背になるように設計されています。 
右側のハネが円から飛び出し反転しているのは、観音力が枠を越え、宗教や国境を越え闇を照らし、世界平和を願うという思いが込められています。






申込方法

報恩寺永代供養墓使用規則をよくお読みになり、報恩寺永代供養墓申込書に必要事項を記入しお申し込みください。

報恩寺永代供養墓使用規則 
 報恩寺永代供養墓申込書

バナースペース

曹洞宗 陽廣山 報恩寺

〒252-1134
神奈川県綾瀬市寺尾南2-10-1

TEL 0467-78-7160
FAX 0467-79-1567